南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

五十肩(肩関節周囲炎)

症状・原因・病態

五十肩と言っても、五十代の方以外でも罹ります。肩の角度によって痛み(図1)、特に 90度付近で痛みが強く、支障をきたします。また夜間痛も特徴です(図2)。日頃かばってあまり使えないので、筋力が更に低下します。痛みを放置すると、治癒まで長期(数年ということも)を要したり、拘縮と言って関節の動きが制限されたりして困ることが多いので、ちゃんと受診して治療なさることをお薦めします。

イラスト
(図1)

イラスト
(図2)

原因ははっきり解っていませんが、加齢、使いすぎ、外傷などが考えられます。案外左に多い傾向もあります。

大きく3つに分けて、酷使によって起こる方、特に誘引なく発症する方と、外傷の後続発する方があるようです。

また私は石灰沈着を生じた場合(図3)や、若干の腱板損傷を合併していても、五十肩の亜型ととらえています。その方が理解しやすいからです。

レントゲン写真

石灰沈着性滑液包炎

(図3)石灰沈着性滑液包炎

治療

消炎鎮痛剤、外用薬、病態によってリハビリ(拘縮がある場合必要です。図4)などを行いますが、週一回の関節注射(図5)が最も有効で、五回くらいは行います。こうして長くても2~3か月で治癒する方がほとんどです。

運動療法
(図4)運動療法

関節注射
(図5)関節注射