南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

変形性膝関節症

症状・原因・疫学

最も頻度の高い疾患で、70代以降の女性の方に圧倒的に多く、私どもの医院でも多数の患者さんがおられます。レントゲン的にⅠ度(初期)からⅣ度(末期)まで分類され、Ⅳ度になると内反膝変形が目立ってきます。日本人の女性の多くはO脚の傾向があり、重心線が内側に偏っているので、膝の内側が変形していきます。

階段昇降(特に降り)、立ち上がり、朝など動作の開始時などに痛むのが特徴です(図1)。

イラスト
(図1)

加齢や筋力低下、使いすぎや外傷も原因となります。膝の内側の軟骨が削れて、デブリと呼ばれる微小な磨耗紛が生じ、このため炎症が起きます。炎症が強いと水が溜まり、曲がりが悪くなることもあります。レントゲンで内側関節軟骨が狭くなったり、骨棘が出現したりします(図2・3)。

イラスト
(図3)画像クリックで拡大表示

(図2)レントゲン写真

正常
正常

変形性膝関節症
変形性膝関節症

立位で撮影すると変形が明らかになる

治療

消炎鎮痛剤(最近のいわゆる痛み止めは非常に優秀で、有効性、安全性ともに信頼できます。)や外用薬(湿布や塗り薬)。リハビリ(物理療法やマッサージ、ストレッチ、筋力強化など)。

最も有効と考えているのはヒアルロン酸などの関節注射で、多くは痛みがとれ、曲がりが良くなり、進行予防にもなります。

私は人工関節手術は最後の手段(サルベージ)と考えていて、基本的にお薦めしていません。何故なら麻酔のリスク、術後成績がややまちまちと思えるからです。大筋で保存療法の方が勝ると考えています。