南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

肩凝り(頚肩腕症候群)

症状

首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張り、凝り、痛みが出現し(図1)、頭痛や吐き気を伴うことがあります。
肩こりに関係する筋肉はいろいろありますが、一般論でよく言われる僧帽筋よりも、より小さい肩甲拳筋・菱形筋の痛み、凝りが主になっている印象です(図2)。

イラスト
(図1)

イラスト
(図2)画像クリックで拡大表示

原因

首や背中が緊張するような姿勢での作業、姿勢のよくない人(猫背・前かがみ)、運動不足、精神的なストレス、なで肩、連続して長時間同じ姿勢をとること、ショルダーバック、冷やしすぎなどが原因になります(図3)。

イラスト

イラスト

イラスト

イラスト

イラスト

パソコン

猫背

なで肩

ストレス

クーラー

予防と治療

肩こりは予防が大切です

予防

  • 同じ姿勢を長く続けない
  • 蒸しタオルなどで肩を温めて筋肉の血行を良くし疲労を取る
  • 適度な運動や体操をする
  • 入浴し身体を温め、リラックスする

治療

運動療法(筋肉の血流改善、筋肉のコリをやわらげ筋力強化)、温熱療法(蒸しタオル、入浴など)、安静薬物療法(筋緊張緩和薬、塗布薬、局所注射など)を行います。

マッサージ・リラクゼーション・ストレッチなど理学療法が好評です。