南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

腰部脊柱管狭窄症

症状・病態

加齢や酷使、微小外傷の蓄積などによって変性した椎間関節突起や椎間板、黄色靭帯によって脊柱管が狭くなり、神経根、時に馬尾が圧迫されることにより起こります(図3)。

腰痛よりも下肢痛(坐骨神経痛、図1)が目立つのが特徴で、間歇跛行(図2)といって、例えば50メートル歩くと脚の痛みがだんだん強くなって歩けなくなるが、坐って休むとまた回復して50メートル歩ける、これを繰り返すという症状となることもあります。間歇跛行はひどくても、安静時は全く症状がないこともあります。

イラスト

イラスト

(図1)下肢の痛み

(図2)間歇跛行

(図3)MRI

正常な脊髄

腰部脊柱管狭窄症

脊髄造影

治療

有名人で手術を受けた方が何人かおられて、マスコミなどで取り上げられましたが、私の印象では手術を受ける人は300人に1人くらいではないでしょうか。本疾病をいたずらに恐れる必要はなく、薬剤や点滴、理学療法で頑張れることが多いのです。頻度の高い疾患で、思い当たる症状の方も多いでしょう。早期に手術を検討するのは得策ではなく、保存治療で良くなられる方がほとんどです。