南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

粉瘤(類上皮嚢胞、アテローマ)

原因・病態・症状

イラスト
(図1)画像クリックで拡大表示

体のどこでもできる皮下腫瘤で、ガングリオンより、頻度ははるかに高いでしょう。背中や臀部、首筋や顔にもよく出ます。感染症を起こすまで基本的に無症状です。私も臀部に発生し、五年くらい我慢したのですが、はじめ小豆大くらいのものが、ソラマメ大くらいまでに成長して、寝るとき当たって邪魔なので、結局切除しました。

何らかの理由で、皮膚が一部、皮内にめくれ込んだ部位が、のう胞となって、中に皮膚の代謝産物(垢)が溜まっていきます(図1)。皮膚がめくれ込んだところが、黒い点になっていることもあります。

治療

感染症を起こすと赤く腫れて、ひどく痛んだり、膿を排出したりして治療に難渋します。また感染すると、腫瘤の境界が不明瞭になって切除しにくくなるので、しばらく様子を見て退縮しないようなら感染しないうちに、手術的に切除します。局所麻酔下の簡単な日帰り手術です。いつ手術に踏み切るかだけですね。