南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

ガングリオン

症状・原因

主に手関節周辺の皮下に米粒大から、せいぜい直径2cmくらいまでの、硬い腫瘤として触れます(図1)。次第に大きくなることや、突然縮小することもあります。
突出して当たりが強くない限り、何の症状もありません。

関節包や腱鞘が変性し、一部が薄くなって、中にゼリー状の内容物を溜めながら、風船のように膨れたものです(図2)。

イラスト
(図1)

イラスト
(図2)画像クリックで拡大表示

 

診断・治療

イラスト
(図3)

腫瘤を穿刺して、独特のゼリー状内容物を確認すると、診断確定です(図3)。

邪魔ではありますが、良性の袋ですので、原則放置して経過観察します。大きくなれば、時々穿刺して、邪魔にならないよう小さくします。

手術して摘出するのはよくありません。ガングリオンの根元には茎があって、ずっと深いところにまでつながっていますので、むやみに手術侵襲が大きくなるからです。そこまでして切除する必要は通常ありません。