南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

陥入爪(巻き爪)

病態・原因・症状

イラスト
(図1)

爪は根元にある爪母(図1)という、末節骨の骨膜から移行する組織から生えてきます。爪が取れてしまっても、爪母が健常であれば、爪はまた生えてきます。爪母のどちらかの端が、外傷や靴との不適合、先天的な要因により、骨の側に巻き込んでしまうと、生えた爪の端も同様に巻き込んでしまい、爪の角が、皮膚を刺激して痛んだり、感染症を起こしたりしてしまいます。炎症が強すぎると、受容しきらず不良肉芽ができ、容易に出血、激痛を発し、運動ができなくなってきます。

頻度が高く、学生など若い人にも多く、革靴が履けない、運動できないのが大きな苦痛となるなど、たかが爪だからと軽視できない疾病です。

治療

イラスト
(図2)

外反母趾と同じく、つま先から接地する歩き方や、きつい靴、靴の中での足の前後不安定などが原因となると考えているので、歩行の仕方や靴、足底板などの指導をさせてもらっています。つまり、踵から接地し歩行することが大切で、つま先に余裕があり、足が安定する靴を選びます。足を靴の中で安定にするために、紐をしっかり絞める、中敷きを入れるなどの工夫をします。

 

軽症であれば、まず抗生物質や塗り薬を処方し、爪の角を手入れして経過をみます。

重症になると長期化し不良肉芽が生じ、浸出液や痛みが強く、運動が困難になってきます。このような場合は、手術を考慮します。

手術は局所麻酔下で、私がやれば15分ほどで完了できます。外来でも可能ですが、当日は止血を要するためしっかり圧迫し、安静にします。図2の如く、爪母の、曲がっている爪を出す部分を含めて、陥入した爪と爪床を切除します。この際、爪幅が狭くなりすぎないよう注意します。再発しないよう、爪母は末節骨の骨膜部分まで十分切除します。丁寧に爪郭の皮膚を爪の下に縫い込んで終了です。術後3週ほどは創処置に通院が必要となります。ひと月ほどで腫れや痛みが退いてすっきりしてきます。