南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

膝の慢性疼痛

症状・病態

ランニングやジャンプ、ダッシュ、キックなどの激しく膝を曲げ伸ばしするスポーツ動作を長時間、長期間行ったり、あるいは運動を従来あまりしない人が、急に始めたりすると、しばしば膝の前側付近に痛みを生じてきます(アンテリアニーペイン、図1)。使い過ぎ(オーバーユース)症候群ともいわれます。痛くて階段を1段飛ばしで降りられなくなります。表1に発症の要因となりやすい項目をあげておきます。

イラスト
(図1)

表
(表1)画像クリックで拡大表示

靭帯や腱は、両端が骨に停止(付着、あるいは連結、接続といってもいいかもしれません)しています。この連結は非常に強固なものであり、靭帯や腱の線維が深く骨に入り込んでいます。大工仕事で木片に布のテープを固定することを思い浮かべてみてください。のりで付けたぐらいではすぐ取れてしまうので、細かい釘を何本か打ち付けて固定するとしっかりします。それくらい強い接続なのです。

イラスト
(図2)画像クリックで拡大表示

ただ、激しいスポーツをするとやはり、靭帯や腱の骨への付着部に、大きな負荷が集中しやすくなり、組織のダメージが生まれ、痛みます。

以下の3つの病態(図2)となりやすいので3項目で紹介します。

2.ジャンパ-膝(膝蓋腱炎)
膝蓋骨の下の腱骨移行部に炎症が起こります。

3.鵞足炎(がそくえん)

膝の内下方で、大腿内方から来る四つの腱が束になって停止する部位があり、鵞足といいます。この部の炎症も若い方中心によく見かけます。

4.ランナー膝(腸脛靭帯炎)

膝の外側で、外上顆という骨の突起と、大腿の外側を大きく走る腸脛靭帯の間に摩擦が生じて、炎症が起こります。O脚の方に発生しやすくなります。

治療

スポーツ活動の前に、ウォーミングアップ(ストレッチなど、図3)をしっかり行います。また活動後は、クールダウン(やはりストレッチが中心、熱を持つようなら五分程度アイシングしてもかまいません。)も忘れてはなりません。

薬剤や特にステロイドの局所注射は有効です。

軽症や中等症であれば、悪化させないようスポーツ環境を整えることによって、続けて活動することが出来ます。重症になれば、スポーツ活動中も痛みます。こうなれば、3週程度活動を休止した方がいいでしょう。

イラスト
(図3)腸脛靭帯のストレッチング

イラスト
大腿四頭筋のストレッチング

イラスト
内転筋のストレッチング