南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療内容

シーバー(Sever)病(踵骨々端症)

症状・病態

イラスト
画像クリックで拡大表示

踵骨々端症と同義で、小学校低~中学年前後の活発な男子に多く見られます。
私の経験では非常に頻度の高いありふれた状況で、問題なく早期に治癒するものです。
踵骨の成長軟骨が後方の端に位置するため、骨端は薄い三日月状になっていますので(図参照)繰り返す運動等の負荷やアキレス腱の引っ張りにより、骨端の薄い部位に疲労骨折が生じる状況です。踵の後方や底方に圧痛があります。

治療

比較的安静にしますが、安静にしすぎる必要はなく、大会やメモリアル等には出場して構いません。外用薬や、物理療法・ストレッチ等の理学療法は有効です。日常の習慣として靴やインソール(中敷き)の調整、歩き方、走り方のチェックも指導させていただいております。