南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療内容

シンスプリント

症状

イラスト
画像クリックで拡大表示

陸上競技の中・長距離選手やサッカー、バスケットボールなど走しることの多い競技で、中学・高校生の選手(特に新人選手)に多くみられ、筋力が低い状態や、筋の柔軟性が乏しい状況で酷使することなどが原因となります。下腿三頭筋の一部であるヒラメ筋の起始部(下腿内側下方)に痛みの起こる障害です。

病態

イラスト
画像クリックで拡大表示

運動時および運動後に脛骨中央から遠位1/3の内側後方を中心に縦長に広い範囲で痛みがおこる過労性障害で脛骨過労性(疲労性)骨膜炎とも呼ばれてきました。
ヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋などの足関節を底屈する筋や筋膜の繰り返し加えられる牽引による脛骨の骨膜の炎症です。 この部位の疲労骨折を時に目にしますが、私はシンスプリントが高度になった状態と考えてよいと思っています。

原因として、ランニングの量や質の急激な変化(初心者が急に走り始めた時や走りこみの時期に多く起こる)、固いグランドや路面での練習、靴と足との不適合、足部の疲労による衝撃緩衝能の低下なども考えられます。

治療

物療、理学療法、投薬などを行います。ステロイドの局注は著効を呈することがあります。症状が強い場合は慢性化を避けるために運動量を減らす必要があり、アイスマッサージや外用薬の使用、足底や足関節周囲の筋肉の強化やストレッチングを行います。足底板も効果的で、クッション性が良くかかとの安定したシューズを選ぶことも重要です。

イラスト
画像クリックで拡大表示