南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

足底腱膜炎

症状・病態

イラスト
(図1)画像クリックで
拡大表示

土踏まずの縦方向のアーチを維持する大きな役割を担っているのが、足底腱膜です。強靭なあまり伸び縮みしない膜で、片端は踵骨の下部にもう一方の端は中足骨頭部に固定連結されていて、アーチを維持します(図1)。硬い平たいばねが足裏に取り付けてあると思ってください。ソールのアーチは、ポンプ作用やクッションの効果があり、重要です。

陸上や球技などで長時間走り続けていると、この腱膜に炎症を起こしてしまうことがあります。主に踵に近いほうが痛むことが多いのですが、腱膜の他の部位でも起こります。中高年の方では、腱膜の踵骨付着部に骨棘が出現しているのをよく見かけます。非常に長い期間(数年?)、炎症が持続した結果でしょうか?

偏平足や凹足の場合、発症しやすいかもしれません。

治療

薬物治療ももちろん有効ですが、ステロイドの局所注射が最も有用です。慢性化するようであれば、靴の中敷(インソール)処方も行います。再発予防のためにも普段ストレッチを心がけましょう。