南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

つき指

つき指はボールを受け損ねて起こる場合が一般的ですが、転倒の際に床や地面で指をついて受傷することもあります。

つき指による損傷は、頻度の高いPIP関節の側副靭帯損傷(親指では、IP関節の尺側側副靭帯損傷)と、マレット変形があります。

側副靭帯損傷

症状・病態

側副靭帯とは膝や肘、指関節のような蝶番(ちょうつがい、ヒンジ)関節において、関節の両サイドで二つの骨をつなぎ止め、扇の要のようになってヒンジを成立させている、とても重要な装置です(図2親指の例)。先の足関節の前距腓靭帯も側副靭帯のひとつです。

イラスト
(図2)画像クリックで拡大表示

親指では、MP関節において尺側の靭帯が傷害されます(図3)。つまんだり捻ったりする作業で痛みが出て力が入りません(図1)。

イラスト
(図3)

イラスト
(図1)

むしろ親指より他の4指の方が、つき指の頻度は高く、PIP関節(爪から二番目の関節)が損傷を受けます。PIP関節は腫れ上がり、動かしにくく、両サイドのどちらかがより強い圧痛があります。3度の損傷(表1)であれば、ストレスを加えると損傷した側が開いて、不安定性(動揺性)を確認できます。

表
(表1)画像クリックで拡大表示

治療

イラスト
(図4)画像クリックで拡大表示

側副靭帯が修復されないままであると、関節がヒンジ機能を充分発揮できないので、痛みや不安定性を残してしまいます。1度の損傷だと湿布処置くらいで済みますが、2度や3度の場合は原則として3週間ギプス固定します。ギプス除去後2週間程度リハビリを要することもあります。親指の場合、剥離骨片を伴っていれば手術的に固定することも考慮します(図4)。

マレット変形

病態・症状

つき指で、DIP関節(爪から一番近い関節)が強いダメージを受けた場合に、受傷してしまいます。マレットとは金槌の意味で、図5の如くDIP関節が曲がったまま伸びなくなります。伸筋腱が切れている場合と、腱の付着部の骨折を伴っている場合があります(図6)。多くは学生さんが球技による突き指で受傷します。

イラスト
(図5)

 

イラスト
(図6)

治療

イラスト
(図7)

スプリント固定(図7)で良いこともありますが、末節骨の骨片を伴っている場合は通常、経皮的ワイヤー刺入を行います。私は基本的には当日に、局所麻酔を行い、透視下で鋼線刺入を行っています。