南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

腰椎分離症

病態・症状

陸上や球技などのスポーツを活発に行う、小学高学年から中高生くらいまでの、伸び盛りの世代のお子さんが腰痛を訴えた場合、疑わなければなりません。

イラスト
(図1)画像クリックで拡大表示

イラスト
(図2)画像クリックで拡大表示

脊椎は原則として、24個の椎骨(背骨の最小単位)が、縦に連なって構成されています。椎骨は、前方が椎体という二重焼きのような土台部分であり、一方、後方は椎弓という屋根瓦状の部位となり、前方と後方は、中央のスペースをリング状に取り囲みながら、一体となっています(図1)。椎弓部において、上方椎との椎間関節のすぐ下で、分離は起こります(図2)。

背中を強くそらす動作や、ジャンプからの着地動作などでこの部に強い力がかかり、何度も度重なるうちに、疲労骨折となったのが分離症です。

分離部に負担がかかる背をそらす動作や、前かがみの動作でも痛みが増します(図3)。

イラスト
(図3)体をそらすと痛い

イラスト
前かがみにて手が床に付かない

治療

イラスト
(図4)

早期に発見できた場合、コルセットなどの局所安静(図4)にて骨癒合が期待できることがあります。この場合は、スポーツ活動は完全休止して骨癒合を目指します。残念ながら、分離症指摘までに時間が経ちすぎている場合は、骨癒合をあきらめ、痛みをコントロールしながら、筋力強化などのリハビリ(図5)で対応することになります。

ただ、骨癒合の見込みがあるかどうかの判定は、困難なことも少なくありません。私はおおむね一ヶ月以上前に発症していると考えられる場合は、レントゲン所見も加味してですが、骨癒合にあまりこだわらないことにしています。厳重にコルセット固定など行っても、なかなか思うように骨癒合に至らないからです。

仮に骨癒合しなくても、それほど強い機能障害が残るわけではなく、筋力などが適正であれば普通にスポーツもできます。なぜなら、成人の腰椎分離症はほとんど無症状なのです。但し、分離すべり症に移行することもありますので、注意が必要です。

イラスト
(図5)腹筋訓練

イラスト
背筋のストレッチング

イラスト
大腿部のストレッチング

イラスト
大腿部うしろ側のストレッチング