南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

頚椎捻挫(外傷性頚部症候群、むち打ち症)

原因・病態・症状

交通事故によることがほとんどです。多くは追突事故です。通常構えていない状態で追突されますので、頭は前後に何回も大きく揺さぶられます。体幹の上に不安定な状態で乗っている重い頭部が、強い衝撃により、鞭を振り回してしなったときのような、S字状の動きを強いられることによって受傷します。

この際、頚椎自体、椎間関節を中心にダメージを受けるし、頚椎の後方にある棘突起をネックレスの紐のようにつなぐ棘上靭帯、棘間靭帯や、頚椎の前後の筋肉が引き伸ばされてダメージを受けると考えられます。前方の胸鎖乳突筋や、後方の僧帽筋をはじめとした筋群に痛みを生じます。

事故日には精神的緊張のせいか、症状に気づかないこともあります。あるいは筋内の微小な血腫などが出現してきて、翌日に症状に気づくということも考えられます。

首筋、肩、背中のこりや痛み、慢性期になると耳鳴り・めまい・頭痛・吐き気・食欲不振などの不定愁訴が出現するもよくあります。特に筋力の弱い女性では、このような自律神経系の症状に、長期に悩まされやすい傾向があります(バレ・リュウ症候群)。

治療

事故の処理や、手続きなどで繁忙されるとは思いますが、治療に初期から専念するようにしましょう。症状に応じて、薬剤やカラー固定を行いますが(図1)、私は物理療法や理学療法を丁寧に行っていくことをお勧めします。マッサージやストレッチなどにより血行改善や筋肉の柔軟性回復を目指します。また慢性期で患者さんのモチベーションが上がってくれば、自力本願でマシントレーニングを行って筋トレを行ってもらうことも素晴らしいことだと思います。

イラスト
(図1)