南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

橈骨遠位端骨折

原因、病態、症状

イラスト
(図1)

激しく手のひらを着いて転倒して、受傷します。小中学生くらいの子供さんと、中高年以降の年配の女性に起こりやすい(図1)のですが、骨粗鬆症の強い中高年の方の場合、軽微な外力でも骨折することがあります。

 

痛みや腫れのため手が使いにくく、転位がひどいと、骨折部でフォーク状変形(図2)となります。手関節のすぐ中枢側で骨折が起こります(図3)。

 

イラスト
(図2)

イラスト
(図3)画像クリックで拡大表示

 

治療

子供の場合、徒手整復後、3週間程度ギプスシャーレ固定を行います。シャーレとは、腕の背面だけの帯状のギプスで、病院で取り外し、腕を洗ってあげることが出来ます。また腫れが退いても、包帯で固定状態を調節でき、有利です。ほとんどの場合、3週間あれば骨癒合します。ギプス除去後、1~2週程度リハビリを要することもあります。

中高年の方の場合、徒手整復がうまくできても、整復位を保持するのが困難なことがあり、あるいは手関節面が骨折によりずれている場合、手術を行います。

プレート固定を行った方の術前、術後のレントゲン写真を図4に提示します。

イラスト

イラスト

(図4)骨折時側面像

プレート固定後側面像

手術後なら3週程度、保存療法なら、4~6週程度のギプス固定を行った後、2ヶ月程度リハビリを行います。骨癒合は一ヵ月半から2ヶ月はかかります。痛みや腫れが退いていく過程で、関節の動きや筋力を取り戻し、機能回復を果たすのが、リハビリの目的となります。本骨折は、RSDという骨折後の不調に陥りやすく、骨萎縮や色調変化、腫れや痛みが長引き、関節に拘縮を後遺することがあります。